健康素材の研究、蚕の研究や糖尿病に関する情報発信を行っています。

一般消費者のお客様へ

<健康食品に関する関心は飛躍的にアップ>

日本では昔から薬草や動物・昆虫を使った漢方処方が利用されてきました。
近年では西洋医学一辺倒の医療界に不信感を持つ人や、病気を未然に防ぐための体質改善を目指す人々が増加し、健康食品やサプリメントを利用する人が飛躍的に増えました。

一般的に健康食品とは保健・健康維持の目的で用いられ、通常の食品とは異なる形態の粒状、粉状、カプセル状などの食品を指します。

<本当の事が知りたい!>

 現状を見ると、健康食品やサプリメントについての情報は決して満足のいく物で はありませんね。 医薬品メーカーや健康食品業界の発信する情報は決してマイナスイメージを発生させないよう苦心しているので、「本当のところ安全性はど うなのか?」という疑問を払拭できません。
また、健康食品やサプリメント、医薬品というのは効果効能を声高に謳うことができません。特に健康食品の宣伝については、薬事法、景表法、特定商取引法、 健康増進法などによってがんじがらめになっており、消費者が最も知りたい肝心の「効果効能」やその「科学的裏付け(エビデンス)」をアピールすることがで きません。 このようなことから日本の健康食品の安全性や効果は、消費者にとって大変わかりにくいのが現状です。

<効果効能よりも、まずは安全性!>

 健康食品だから安全?とんでもない! 健康維持のためにあるべき健康食品ですが、中には安全性がしっかり確保されていない物や、原料や成分の表示が不適切であったり、違法な医薬品成分が配合されている物などがあります。
また、「天然の素材だから副作用の心配はありません」などと非科学的なアピールをする業者もいます。
天然素材に副作用や毒性がないのなら、毒キノコやドクダミ、貝毒やフグ毒はどう説明するのでしょう。 健康食品といえども安全性に関する吟味はしっかりとすべきなのです。

<自分でしっかり調べましょう>


 健康食品の中には根拠のない安全性を強調したり、エビデンス(科学的な裏付け)のない効果効能を謳う商品が沢山あります。
自社の顧客の「喜びの声」を以て「臨床データ」と称するような事例もあります。
自分でしっかり健康食品素材の情報を調べて、その上で当該商品の安全性や効果効能に関する知識を得て、上手に利用しましょう。 販売者やメーカーの売り口上だけに頼ってはいけませんよ!

  1. 素材の安全性と効用を調べましょう
  2. 効用などにエビデンスがあるかどうか調べましょう

  3. 当該商品の表示や販売方法に違法性がないかチェックしましょう

    • 栄養成分や原材料表示がデタラメな商品はダメ。
    • パッケージやチラシに効果効能を書くような順法精神に欠けるメーカー(販売者)の商品は避けましょう。
  4. 最初から大量購入を勧める業者は避けましょう
  5. 1ヶ月分で3万円以上もする商品は、まず疑ってかかりましょう
  6. できればまずは、サンプルを請求して試しましょう
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 健康マテリアル株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.