Main content

△絹蚕桑多目的利用協議会とは?


本協議会は、平成13年(2001年)10月5日に発足しました。
絹(蛋白質、ペプチド、アミノ酸)蚕、桑養蚕関連物がそえぞれの学際的根拠のもとに利用され、市場に展開されています。業界としてもよりよい成長と発展が期待され、多岐にわたる視野の広い見方も求められています。
典型的なバイオ素材である絹蚕桑(けんさんそう)の活用は、多くの目的利用で日常生活に密着し、大きく貢献しつつあります。関連各社及びそれぞれの大学・公的研究機関もより広く相互に交流を深め、より発展的な活動をすすめております。

●KSS協議会とは?

  • 絹蚕桑などのシルク関連産業の新たな利用を目的とする会員(企業、個人)が集う団体です。
  • 関連情報の交換と共有、講演会、開発の相互協力、自主規格基準の設定などを行います。
  • 各社の商品説明、販路拡大の施策及び協力で、取扱いアイテムを増やし活性化します。
  • 上記活動を通じて、社会に貢献することを目指します。
  • 会の運営は、基本的には会員の会費によって行われます。

●会員の構成

  会員は、シルク関連素材(水溶性シルク素材、不溶性シルク素材)、蚕関連素材(蚕粉末など)、桑関連素材(桑葉、桑の実など)の製造や販売業者が揃ってい ます。絹蚕桑に関する情報、商品、製造などすべて本会で解決します。応用研究の依頼、分析、開発企画の依頼、相談も可能です。
登録会員は、メーカー、研究者、販売業者などで、ビジネスパ-トナ-、研究開発パ-トナ-として利活用頂き、会員相互の自由な商談も可能で、積極的な活動が期待されます。

●会費

                法人会員       個人会員
入会金         10,000円     5,000円
年会費         20,000円     5,000円

●役員

   会長 :小野寺敏(昭和薬科大学大学院准教授 病態科学研究室)     
副会長:八並一寿(
玉川大学農学部生命化学科食品機能化学領域 教授)

事務局長:冨田次男(プロザテック 代表取締役) 

理事 :田宮久昌(ボンビックス薬品社長)
.    小野寺敏(昭和薬科大学助教授)
.    市川賢治(エヌ・ディ・シ-社長)
.    豊山権一(健康マテリアル社長)

●事務局

  〒264-0023 千葉市若葉区貝塚町1099-3
有限会社 プロザテック
TEL043-234-2631 FAX043-234-2632
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。