Main content


よく知られた事例で「へちま水」「白樺樹木水」などがある。
桑樹木を切断すると切り口から乳液が分泌され、これについても種々の視点から究明されているが、採取の容易さからは樹木水が得られることが判明した。
桑溢泌水は機能性素材としてこれからの対象物で漸く採取の方法などが判明したので試験に必要な量を今後確保できるよう方策を工夫している。
量の確保と機能性の究明・情報交換が望まれる。
(文献資料:事務局保管)