Main content

絹・蚕・桑多目的利用協議会規約

(会略称:KSS協議会)

第一章    総則

 第1条(名称)

  本会は、絹蚕桑多目的利用協議会(略称:KSS協議会)と称する。    

第二章 理念・目的及び事業 

 第2条(理念) 

      絹・蚕・桑関連素材の機能を主眼とした事業、開発・研究を展開している方々

     と組することで信頼のある製品づくりを促し、合理的流通と生活を基盤とした

     業界の安寧と発展を計り、社会的に貢献する。

 第3条(目的)

      本会の掲げる理念のもとに次の目的を推進する。

 (1)規格基準(自主規格)の設定(認証制度の運営と普及など)を行う。

 (2)素材の品質維持・向上及び開発・調査並びに研究を行う。

 (3)素材の適正利用・技術の普及を計る。

 (4)国内外の情報資料の収集・提供及び管理を行う。

 (5)対消費者に関する苦情等に対応する。

 (6)最新情報・知識・啓蒙などに関する情報交換の場として、機関紙等の発行を行う。

 第4条(事業)

      本会は、目的遂行のため、次のような事業を行う。

 (1)啓蒙、普及事業の推進 

 (2)定期的(不定期)研修会の開催 

 (3)分科会の開催

 (4)内外文献の検索、紹介、情報交換の実施(インタ-ネットの活用も含む)

 (5)その他上記に附帯する事業

 

第三章 会の運営

 第5条(会員) 

      本会は、第4条の目的に賛同する会員で組織する。

 第6条(会費)

      会費は次の通りとする。

(1)              法人会費: 入会金: 10,000 円、年会費:  20,000

(2)              個人会費: 入会金:  5,000 円、 年会費:  5,000    

(3)              賛助会員: 入会金:  なし   年会費:  10,000 円以上  

 

 第7条(入会) 

     会員になるには、入会金及び会費1ケ年分を添えて入会手続きを行うものとする。

    年度途中からの入会者は、その年度の残り期間を月割りで計算し会費を納入する。 

    1ケ月につき個人は500円、法人は1,800円として計算する。

 第8条(退会)

     会員が退会するときは、退会届を提出しなければならない。会費の返却は行わ

    ないものとする。

 第9条(会員の特典)

     本会が主催する事業、講演会、イベント等に無料又は特別優待で参加できる。

 第10条(資格喪失)

     会員が次の各項に該当するとき理事会はこれを除名することができる。

(1)       会費を滞納したとき

(2) 会の活動を阻害し又は会の目的に反する行為のあったとき   

第四章       分科会

 第11条(部会員)  

      会員の属する分野ごとに理事会の議をえて分科会を設けることができる。

     部会員は当該分野の会員をもってあてる。各部会の部会長は部会員の中より互

     選により選任する。

 第12条(部会の責務)

      部会において当該分野に属する専門的事項に関し、会長もしくは理事会の諮  

     問に応じ、また意見を具申するものとする。部会はその事業状況に関し、毎年

     少なくとも1回、理事会に報告書を提出しなければならない。   

第五章       役員及び理事会

 第13条(役員)

      本会は次の役員を置く。

(1)       会長 1名、副会長 1名、監事 1名、事務局 若干名、理事6名以上、

(2)       理事会は役員・理事をもって組織し、総会の招集、総会に付議すべき事項及び会務執行上の諸事項を審議し、決定する。   

 14条(顧問)

       本会に顧問若干名を置くことができる。

   (1) 顧問は会長が委嘱し、任期は役員に準ずる。  

(2) 顧問には、本会の会務につき、各種の助言と協力を仰ぐものとする。

 第15条(選任) 

(1)       理事は会員の中から総会において選任する。

(2)       会長は理事の互選によって決定する。

(3)       事務局長は会長の指名によって決め、必ずしも会員の資格は問わない。

 第16条(総会)

       会長は、毎年1回会員総会を招集し、その議長となり、会務の状況を報告 

      する。又、必要ある場合は、臨時総会を招集することができる。

第六章       会計

第17条           (資産)

       本会の資産は、次をもって構成する。

(1)       会費

(2)       事業収入及び資産から生ずる収入

(3)       寄付金

(4)       その他の収入 

第18条           (会計年度)

       本会計年度は、毎年101日より始まり、翌年9月末に終わり、毎年ご

      とに総会の承認を得る。

第七章       附則

第19条           (役員の職務と任期)

       本会の役員の権限と義務又はその他の事項は一般の例に従い、理事会決 

      議により細則を定める。その役員の任期は、2年とし、留任を妨げない。

第20条           (規約の改正)

       規約の改正は、理事会の過半数か、総会において過半数の承認により行

      うことができる。総会での決議は理事会での決議より優位とする。

第21条           (その他)

       本規約に定めるほか、必要は事項は理事会の過半数か総会において過半 

      数の承認により決定することができる。

 (附則)

1.この規約は、平成13105日から施行する。

2.この規約は、平成14104日に一部改正された。

△会長

小野寺敏(おのでら さとし)昭和薬科大学大学院准教授 臨床薬学教育研究室


△副会長.  八並一寿(やつなみ かずひさ)

.  玉川大学農学部 生命化学科食品機能化学領域 教授

△会員名簿
●法人会員

    1. (株)エヌ・デイ・シー
    2. ボンビックス薬品(株)
    3. コスモ食品(株)
    4. 一丸ファルコス(株)
    5. (株)両双
    6. 健康マテリアル(株)
    7. ライフテックラボ(有)
    8. ドクターセラム(株)
    9. (株)お茶村
    10. (有)エコファームわかやま   

●個人会員

    1. 占部富子
    2. プロザテック(冨田次男)
    3. 三浦艶子
    4. 山田澄美子
    5. 矢澤勝
    6. 塚田勝久
    7. 明野猛
    8. シルクファーム住用(すみよう) *田畑 賀代子

 

・KSS協議会とは
・会員名簿(法人、個人の氏名のみ)
・活動履歴
・新規会員募集
・お問合せ連絡先など、

本URLの有用な活用を!。
また全てに亘る要望事項、活用の意見交換などより一層の有用なツ-ルとしてご利用を期待します。

URL:http://www.kkmt.net/kss/

研究などの公表例
「各種クワ品種における葉中の1-デオキシノジリマイシン含量分布の季節消長」、
「クワ茶エキス並びにレモンバ-ムエキスを配合したプロポリスのアルドース還元酵素阻害活性並びにグリケ-ション阻害活性」

小野寺助教授ら、他;「埼玉県プランド繭(いろどり繭;笹繭)セリシンの抽出法と生理機能の検討とその応用」/国際食品機能学会2007/ifia’07展示会場のポスタ-セッション(資料
事務局保管)

KSS協議会(絹蚕桑多目的利用協議会)へようこそ!

絹蚕桑(けんさんそう)協議会は、平成13年(2001年)10月5日に発足しました。

 絹(蛋白質、ペプチド、アミノ酸)蚕、桑養蚕関連物がそれぞれの学際的根拠のもとに利用され、市場に展開されています。業界としてもよりよい成長と発展が期待され、多岐にわたる視野の広い見方も求められています。

 典型的なバイオ素材である絹蚕桑(けんさんそう)の活用は、多くの目的利用で日常生活に密着し、大きく貢献しつつあります。関連各社及びそれぞれの大学・公的研究機関もより広く相互に交流を深め、より発展的な活動をすすめております。

当サイトでは、以下のようなコンテンツを提供いたします。


KSS協議会とは?
KSS協議会について、概略をご説明いたします。

KSSニュース
KSSの活動、分野、業界に関連するニュースを幅広く取り上げます。

活動の履歴
KSSのこれまでの活動、今後の活動内容の一覧を掲載しています。

・セミナーのご案内

KSS主催、関連団体のセミナーをご案内いたします。

会員募集
KSSへの入会規約、および会則を掲載しています。

会員紹介
当会の会員一覧です。

・研究論文集

当会および関連団体、会員による研究論文です。

今後も有益な幅広い情報を提供して参ります。