Main content

 

                              平成28121

             KSS協議会ニュ-ス119

 

                      絹・蚕・桑多目的利用協議会事務局

                          プロザテック内

                    〒264-0023千葉市若葉区貝塚町10993 

                     TEL 043-234-2631 FAX 043-234-2632

                                               e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  年末と相成り今年も残り僅かな日時となりました。貴重な情報の一つになればと存知それらのコピーを蒐集しましたので、添付します。情報の活用にはそれらの関心度合もありましょうが動向と取組みに役立てて頂けたらと存知ます。不明なところがあればご指摘頂けたらと存知ます。徐々ではありますがいくつかの利活用の展開に養蚕関連物の進展が伺いえます。

  機能性表示食品制度の届出状況も529件(区分A:310B222;取下げ等の変動あり)と増加が見られ実務的にもそれなりの売りに貢献しているケースも出てきているようです。

  新年度に向けて健康フォーラム(第42KSS健康フォーラム、31/水、で同じ会場での開催予定)は準備中ですが、ご要望のテーマ及び講師がありましたらお待ちします(12月中で)。     

 情報   

      蚕糸・昆虫バイオテック 85(2)59792016(解説項目の列挙、別紙にコピー分を添付)

 ~特集「養蚕イノベーションのための薬理昆虫分野の創出」~

  所長 鈴木 幸一(株)バイオコクーン研究所/元岩手大学農学部昆虫学名誉教授

85(2)5961(2016)/巻、頁、テーマ 

「国民医療費削減と地方創生を目指した非繊維型養蚕イノベーションの提案」

     11 はじめに

     12 非繊維型養蚕イノベーションの提案

  13 非繊維型養蚕イノベーション連鎖の構築

  14 故竹田 敏博士の提案したもの、 引用文献

285(2)6367(2016) 

  「カイコ冬虫夏草の機能解析と応用開発」

  21 はじめに

  22 ヒト治療薬として使用されている冬虫夏草および開発された医薬品

  23 カイコ冬虫夏草のマウス実験成果

  24 カイコ冬虫夏草の安全性評価

  25 おわりに、特にヒト試験への挑戦、引用文献

385(2)69742016

   「食べる桑の機能解析と応用開発」

 31 はじめに

32 桑に関する機能性の史実と最新の情報のまとめ

 33 われわれグループによる新しい機能性

 図1線虫(C.エレガンス)、マウス、ラット、ヒトにより、イン ビヴォ(生体)試

験で機能性があきらかにされた。A:1-デオキシノジリマイシン(DNJ)血糖上昇抑制(20012007)

と脳機能改善効果(2015)が明らかになった。B:フラボノールグルコシド、またケルセチン3-(6-マロニルグルコシド)単体を経口投与で血糖上昇抑制と肝臓の抗酸化ストレス効果が明らかになった(桑葉末、2010)。C:構造未同定、桑葉エタノール抽出物を線虫に投与すると寿命延伸効果が認められた(2001b)。D:桑の実のアントシアニン類のシアニジンー3-o-ルチノイドが同定され、これらのフラボノイド抽出物をマウスに経口投与し、抗炎症、抗侵害知覚(鎮痛)作用が明になった(2016)。E:桑枝条エタノール抽出物の主要成分であるオキシレスベラトロールとDNJが同定され老化促進マウスに経口で毛髪のアンチエンジング効果が認められた(2

34 おわりに、ヒト試験を目指して

 インドの研究グループはⅡ型糖尿病患者の試験でグリベンクラミド(糖尿病治療薬;5/day)30日間摂取するよりも毎食後に桑葉末1g13回、4週間継続して摂取した方が血糖値の減少や中性脂質の低下LDLの低下、HDLの増加等改善効果することが報告されている(2001)。他に有効事例(2007)は数多みられている。

図4;桑枝皮の水溶性糖タンパク質複合体(200kk:1000)以上の分子量)のマウスリンパ細胞の増殖の効果を示す。リンパ細胞の増殖とその中のB細胞の増殖が促進された。プラセボ(対照)コンカナバリンAより顕著な効果が確認されている。

 48527579

    「食べるシルクの機能解析と応用開発

 41   はじめに

 42   カイコシルクパウダーのin vivo試験による機能性

 421  セリシンのin vivo試験による機能解析

     A 結腸がん抑制、高脂血症の代謝改善、糖尿病の改善、アルツハイマー症の改善

 422  フィブロインのin vivo試験による機能解析

     B 血圧降下機能、毛髪アンチエイジング、スタミナ増強、脳機能改善

 43.  野蚕のシルクパウダーの現状

不明瞭な部分、実務に活用したい等の要望があればご一報をお待ちしております。特殊な

場合以外、ほとんど対応には問題ないと思慮致します。 

連絡事項

KSS年会費(第16期;平成28(2016)10月~29(2017)9月)徴収中

  事務遂行上、かってでありますが、平成282016)年1212()締切。

  ご連絡、ご一報をお待ちしております。宜しくお願い致します。